メニュー

トップ > 採用 > 日々奮闘、新卒社員紹介

Opportunity

ネットフロンティアとの出会い

就職活動を始めた当初は正直に言うと、完全に大企業志望でした。やっぱり親や親戚も安心するし、友人の間でも大企業で内定を取っているほうが良いみたいな雰囲気もありますし。でも、大企業に入ること自体が目的になっていて何をやっていきたいかが明確になっていなかったです。
ネットフロンティアでの面接は本当にボロボロでした。やっぱり大企業志望の一面を見抜かれてしまったのかもしれません。もう落ちたなって思って帰ってきたときは本当に落ち込みましたし、どうしてそこまで言われたのだろうと思いました。でも冷静に考えてみたら、面接でここまで本気で自分を指摘してくれる企業はそうそうない。だからこの悔しさを活かして次に受ける会社頑張ろうって切り替えていました。もうその頃は大企業というより中小企業のほうがやりたいことが早く実現できそうで、中小企業も視野に入っていたのですが、そんな矢先にネットフロンティアから最終面接の案内が来たんです。このチャンスは絶対に掴んでやるって思いました(笑)。

Chance

ベトナムでの初プレゼン!場所は・・・

インターンシップではこんなにたくさんの経験させていただいていいのだろうかと思うくらい経験を積ませていただいています。もちろん、先輩社員の方々は忙しいので、自ら積極的に話しかけるということも意識しています。これまで特に印象的だった経験は小山社長と一緒にベトナム出張に行ったことです。2回行かせていただいたんですが、1回目は「自費で行くので社長の出張について行かせて下さい!」と頼み込んで連れて行ってもらいました。しかも、2回目は提携しているベトナム企業の経営陣への提案という目標も作ってもらって何と提案の機会までいただきました。もちろん企業への提案なんて初めての経験で、どうやってやればいいのか分からなかったのですが、小山社長にオフィスや食事の場でアドバイスを頂きながら何とか資料を仕上げて、プレゼンの練習まで付き合ってもらいました。
そして、いよいよベトナムでの提案。ガチガチに緊張していたところにハプニングがおこりました・・・(笑)。前の予定が押した関係で僕のプレゼンの時間がなくなってしまったんです。何とか説明をした場所は想定外のタクシーの中でした。提案先企業の役員の方と一緒にタクシーに乗り込み、その中でプレゼンさせてもらったんです。結果はボロボロ。少しは内容を共感していただけるところもあったんですが、ほろ苦い初めての経験となりました。いつかもう一度プレゼンの機会をいただこうと考えています。

Future

やりたいことはアジア市場の開拓

これからやりたいことを考えた時、ベトナムなど発展著しいアジアの国々で新しい市場を開拓したいと思っています。その思いは小山社長とベトナムに同行させて頂いてからさらに強くなりました。ベトナムは本当に人々にパワーやハングリー精神があるし、いろいろな価値観を学べるので様々な刺激をもらえます。もちろん勝手の違うことも多いでしょうが、その壁を乗り越えることは僕にとっては喜びに感じます。まずは日本でWEB業界の経験を積んで日本の仕組みをベトナムに持ち込みたいと思っています。そして、将来的にはベトナムを含めた東南アジアのどこかで起業したいという野望も持っていますし、東南アジアだけでなくルワンダのようにIT立国が出てきているアフリカにも興味を持っています。

Message

就職活動中の学生の皆さんへ

もし「大企業への就職」にとらわれている僕みたいな人がいたら、その呪縛って自分で解くしかないんですよね。だから、そんな方々へ僕から言えることは「他人の目は気にするな」ということです。他人の目を気にしていた僕だから言えることです。それから、自分の意思でやりたいと思ったことは失敗を恐れず思い切りやりきってほしいと思います。

女性活躍
ベトナムメンバー
インターン
熊木さん&七宮さん
採用トップへ

株式会社ネットフロンティアのサービスサイト
インターネット広告information | 越境EC - BandEC | 越境アフィリエイトASP-BandFluence | サバゲー | 赤ちゃん | 英会話講師派遣