メニュー

トップ > 採用 > インタビュー:山田 容子

Mission

「NO」と言えるWEBデザイナー! 

私の仕事はクライアントのWEBサイトやランディングページ、バナーなどを制作するWEBデザインです。クライアントの想いをデザインとして形にするだけでなく、WEBのユーザーに使い易いと思ってもらえるWEBサイトになることをいつも意識して制作しています。ユーザーが使い易いと言っても様々な要素がありますが、例えば、ユーザーは一瞬で判断することも多いので、ぱっと見ただけでもアクションし易いようにどんな色合いにしたらよいか、細かい所まで気にしています。一方、クライアントとは単なる発注する側と受注する側という関係ではなく、良きパートナー、相談相手になりたいといつも思っています。とは言っても、クライアントの言われるとおりにするのではなく、クライアントにとって一番良いものは何かということを考え、場合によっては「NO」と言えるデザイナーでありたいと思っています。

Chance

入社の決め手は面接官

ネットフロンティアに入社した決め手は、面接をして頂いた上司との出会いでした。私の話を引き出すのがとても上手く、初めて言いたいことが言えたと思える面接でした。面接から帰ってすぐにPCをチェックしたのですが、早速、面接結果のメールが届いていたので驚いたんです。結果は「採用」。その時点で他にも1社受かっていましたが「この方と仕事をしてみたい」とネットフロンティアへの入社を即決しました。 
入社してから「採用通知が早くてびっくりしました」と上司に伝えたところ、「良いことは早い方が嬉しいでしょ」って。その時「ついていきます!」という気持ちでいっぱいになりました(笑)

指名がきた。やっと、認められた

全然思うように仕事ができなかった最初の頃はとても悔しかったですね。自分でも納得できなかったし、社内のMTGでも色合いやバランス感覚が悪いなど厳しい意見もいただきました。でも、任された仕事から逃げたくなかったので決して諦めませんでしたし、どうしても分からないことは自分から聞きにいきましたね。半年、一年くらい経った時だったと思うのですが、普段は厳しく言われていた上司に「おっこれは山田さんが作ったの?出来るようになったね!」と言われて、「わー!もっとがんばるぞ~!」って気合いが入り、とても嬉しかったのを覚えています(笑)。今振り返ると、その上司は私にとって頑張るきっかけを与えてくれた人だったのかなと思います。

Client

想いをデザインする仕事

クライアントの反応も徐々に変わってきて「いいね!これでいこう!」といわれる回数も増えていきました。「また今回も山田さんで」って指名された時は本当に嬉しいですね。 クライアントの中にはWEBデザインについて経験や知識がかなりある方もいらっしゃいます。そういう方からは、いろんな角度からの意見が出てきたり、共感できるところがあって気持ちがつながったりするので、それは本当に楽しい瞬間です。

仕事をしていてよく思うのが、クライアントのためにデザインするのと自分の好きなアートを作るのとでは全く違うということです。私たちのWEB制作の仕事は、クライアントの想いをどうやってデザインして形にするかという仕事です。だから、自分の意見だけでなく担当の営業であったり、時には近くを通った案件に関わらないメンバーにまで意見を聞いたりしながら、クライアントの魅力が最も伝わるデザインを制作します。時にはクライアントのサービスを実際に自分で体験しに行って制作をすることもありましたね。

Future

人生をデザインする

今後の夢は、いつか「人の人生をデザインしたい」と思っています。私は仕事以外でも絵を描いたり写真を撮ったりするのが大好きなのですが、自分が作ったもので人の心を動かしたり感動させることができたらなと思いますし、それによってその人の人生まで変わるようなことがあればとても嬉しいですね。だから私は、環境や考え方の違ういろいろな人と話すのが好きですし、これからも様々な人の人生を一緒に感じていきたいです。

女性活躍
ベトナムメンバー
インターン
熊木さん&七宮さん
採用トップへ

株式会社ネットフロンティアのサービスサイト
インターネット広告information | 越境EC - BandEC | 越境アフィリエイトASP-BandFluence | サバゲー | 赤ちゃん | 英会話講師派遣